「ほっ」と。キャンペーン
travel diary

旅のおわりに

d0109853_1456046.jpg

花をひろった

いつもココロに花をほんのりと .. あらたなページへ










2011.12.02


d0109853_20173144.jpg

無事、帰国しました。
今回は、ベルギーとスペイン、モロッコの3カ国へ。国が変われば全くの異文化だけど、同じ国でも地域により暮らしや価値観が異なる。
この地球上には、光があり、水があり、土があり、いろんな花が咲き、いろんな(ヒトを含む)生き物が暮らしている。

いっけん、平和に見えた羊飼いの素敵な光景も、その近くでは前足を縛られた羊たちが皮革、食肉となる順番を待っていた。
市場では、豚がそのままのカタチで売られ、生きた鶏はその場でさばかれていた。
訪れた綺麗な町も、その歴史を見ると必ずと言って、侵略と殺戮が繰り返されていた。

そういう見たくないこともちゃんと見なければ、、ですね。
いろんな意味で今回の旅の成果は大きかった。です。


途中途中で一緒に旅してくれたT君、S子ちゃん、旅の途中で出会ったA子ちゃん、フェズで残りそうな晩ご飯を一緒に食べてくれた店主さんと妹さん、
グラナダのフラメンコバーで出会ったナイスなオヤジさん、、、その他多くのヒトや町に感謝、感謝です。
会社スタッフや家族へも、、、Thank you sooooo mach!







2011.11.28


d0109853_19269100.jpg

アンダルシ(南スペイン)のフリヒリアナから(モロッコへのフェリー乗り場)アルへシラスへ
到着したのが1時前だったけど、レンタカー返却の営業所が閉まっている(汗)、シエスタのお時間。。
なんとか、車を返却してフェリー乗り場へ。17時まで船がないので、今日はタンジェ泊まりになりそう。。

写真は、地中海からみた大西洋へ沈む太陽くんの赤いあしあと。 
そのころ、NYはお昼ゴハン中。日本はもうすぐ一足早く明日がはじまる。
やっぱり、地球はまるくて、ゆっくり回りながら光をリレーしているんだな。


翌日からの2日間でシャウエンとフェズをバスで回るのは無理がありそうなので、急遽レンタカーを借りる。
お初のアフリカ大陸を車で走る。走る。走る。。。29日は合計で8時間ぐらい車の運転でした。。





2011.11.27


d0109853_15593778.jpg

写真の地図はT君の自作トラベルマップ 素敵。

デミ君から紹介してもらったマラケシュのホテルへメールしたら空きが無い(涙

まぁ、アルヘシラスから船でタンジェ、マラケシュは無理があるのでシャウエンとフェズへ。

お初のアフリカ大陸へ。






2011.11.26


d0109853_15505785.jpg

フューシャ色のブーゲンビリアと白壁、そして透き通る青空と地中海、海の向こうはアフリカ。

絶対に行ってみたい場所の一つだったフリヒリアナへ。おじーちゃんおばーちゃんが暮らし、道行くヒトがオラ〜と声をかけ合う町。

220フィルムを10本消費^^;  が物語る Happy Place。










2011.11.25  22:59


d0109853_6365422.jpg

11/24 ブリュッセルから南スペインのマラガへ、そこからレンタカーでグラナダへ走る。
ホテルに到着と同時にトモダチからメール。そのうち絶対スペインへとのこと、じゃ今すぐおいでよ~!!

無事にT君、S子と合流して、路地好きをうならす白い町をさまよう。
アルハンブラ宮殿を見渡せる場所でロンドンに留学中で一人旅の子と出会い4人でお茶(ビール)、ゴハン、フラメンコへ。
ナイスなオヤジとネイティブに話す女子たち、写真を撮りまくる男子。心地よい時間が流れる。
写真は、アルハンブラ宮殿の中。光の入り方がべりーないすです。明日はミハスとフリヒリアナへ。

旅をしていると、日本での出来事や日本そのもの、自分自身が些細な事のように思えてくる。
僕は日本人で日本を誇りに思うけど、こっちの価値観や感性がうらやましく思える事がある。
今、日本は25日がはじまっている。僕は今から眠りにつく。地球はゆっくりと確実にまわっている。
いろんな価値観、どれが正しいとかないけど。うまくわまればいいんだよね。ゆっくり確実に。









2011.11.23


d0109853_4577100.jpg

ベルギー最終日、買い集めたモノをpackingしてpackinglistを作ってブロカントの倉庫へ。やれやれ。。
古いトランペット、トロンボーン、タンバリン、バイオリン、、今回は楽器をたくさん買った。
僕は音楽が(も)全くダメダメなので出来るヒトが羨ましい。
小室哲哉のピアノを聴きながら想うコト。

仕事してるヒト、遊んでいるヒト、勉強しているヒト、悩んでいるヒト、苦しんでいるヒト、泣いてるヒト、
楽しんでいるヒト、飲んでいるヒト、喧嘩しているヒト、ボーっとしているヒト、頑張っているヒト、、
僕もいっぱいいっぱい経験して、今はたびしてるヒト。
明日倒れるかもしれない年齢になったので、会社のヒトや家族やいろんなヒトに迷惑かけてるけど、
残り少ない時間を自由きままに。 そして、何かを遺そう。負の遺産かもしれないけど。

今日もやられました、駐禁。。








2011.11.23


d0109853_3373469.jpg

探し求めていた、古い押し花にめぐり逢えました。。
上が1860年代(店主いわく)、下が1950年代のモノ。 
自分が生まれる前に存在していたイキモノ。どんな光と空気を吸っていたんだろう。。
上下あわせて200種(冊)ぐらい持ち帰ります。

まんまと、やられました。 鼻水、のど痛、咳。。







2011.11.21


d0109853_519040.jpg

ベルギーのトレンドと古い町がうまく調和するアントワープ。
絵はアントワープ駅を外から。中は、なんでやねんって感じの無駄に広くて高い天井。ビッくり!

T君&S子ちゃんをベルギー空港へ送って、2日間は一人でベルギーに残り、もう少しブロカントを回る。
3日後にスペイン グラナダで待ち合わせて、また2日別れて、最終目的地のモロッコへまた3人で。
デミ君から紹介してもらったデミ知人が経営するゲストハウスへ行ってみよう!

本屋を見つけたら、絵本を買いまきってます。。
蚤の市でも...二人とも...紙モノへ吸い寄せられます。

元気です! 少し寒くなりました。 鼻ミズたらしながら書いてます。






2011.11.20


d0109853_14295399.jpg

19日は早朝からT君&S子ちゃんと蚤の市、ブロカントを回り買い付け&色々と商談。
仕事をそこそこに、ベルギーで一番好きな町Bruggeへ。 
今日もなんだかんだトラブルもありながらも、無事ホテルへ。。
さてと、今日は大きな蚤の市へ。どんなモノ、ヒトに会えるか楽しみ。

写真は、Bruggeの水路を周遊できる船から見た巨大な教会。少しもやって幻想的。
元気です! それほど寒くないです。







2011.11.18


d0109853_1318118.jpg

11.17 airfranceでparis(CDG)を経由して、TGVでBrusselsへ。 
10日前からイタリア、ドイツを経由してBrussels入りしたT君と無事に合流。
駅中でビールとピザ食べて、ホテルで打ち合わせして、部屋に戻った瞬間にシャワーもあびずに撃沈。
18日4時に目が覚め、シャワー浴びてメールチェック。  さてと、ジュドバル広場へ行ってみよう!

追記:デミ夫、知人のマラケシュゲストルーム紹介ありがとう。いつマラケシュ入りか決めてないし、現地で何軒か見て決めます。
もしそこへ行くならデミ支払いでお願いしてみます(笑













---------- 2011.11.16 ----------


d0109853_22423722.jpg

遺すコトを今やっておく、やっとけば良かったと思いたくないし、聞きたくもない



**

フランスで買った古本やノートを開くと、色んな空想が広がる。持ち主やノートに記したヒトはもうこの世にいない。

どんなヒトが読んだんだろう、描いたんだろう、どれぐらい前だろう、、それはweb上でのデジタルデータでない紙の経年変化が物質的に物語ってくれる。

先日の内覧会で並べた一冊の古い教科書のような本の表紙や中に描かれたナイスな落書き。

どんな子が描いたんだろうと妄想しながら、ぱらぱらとめくると1枚の写真が出てきた。

母親と手をつなぐ笑顔のコドモ。持ち主、落書きを描いた本人との出逢い。 その日に多くの縁に出逢った。

あとどれぐらい、縁に出逢うだろ。 2週間ほど縁を探しに旅にでます。


ここで道中日記を更新します! つもり。。

[PR]
by 6210nas | 2011-12-05 12:12 | will
<< professional departure >>


リンクフリーです。
  • *

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧