「ほっ」と。キャンペーン
この日
d0109853_8312025.jpg

がいい日、ありがとう






*







先日の旧郵便局舎リノベ完成披露式の当日に書かれたであろう、9枚の便箋にびっしりと文字がならんだ手紙が届いた。 

初代局長が保有していた今田町旧郵便局舎を相続した(ちょっとチェブさん似の)前中さんから、その局舎を譲り受けた前中へ。

どれくらいの文字数だろう、、ほんの一部を書き留めておきます。 (オリジナルの手紙は局舎においておきますので・・)


-----

毎日、日が暮れてもなお、夜遅くまで旧局舎には灯がついていました。

どんなふうになっているのか気になりながら、あえて、今日を楽しみに寄りつかないでいました。

幾日生霜を経た外観はそのままに、床板も事務カウンターも切手やはがきを手渡す窓口もそのまんま、ほんとうにうれしい姿、形でした。

村に一つの郵便局は村役場とともに村の人びとの寄り集う場でした。村で一番にぎわしくて人通りの多いところでした。

道路がつけかわって、かつての通り道はすっかり、人が通らぬ道となりました。

今田町役場へ、あるいは観光協会へ局舎の活用について話しを持ちかけましたが、全く相談にものってはもらえませんでした。

ならば、このままに朽ち果てるまで、ありし日の姿をとどめさせておこうかと思っていた頃に、前中さんとの出会いがありました。

補強され、修復された旧郵便局舎はまたよみがえりました。

私の老いとともに局舎も朽ち果てていくのかとあきらめてさえいましたが、私が朽ち果てても、旧局舎は遺ってくれそうです。

ありがたいことです。うれしです。ご縁を幸せに思います。

-----


譲り受け、補強して、補修して、遺すべき所は遺し、デザインすべき所はこだわりまくり、とても良い空間になったけど。。。

また「人びとの寄り集う場」になって、はじめてバトンされたと言えるんでしょうね 。。

そして、僕からT君へそしてまた誰かにバトンを渡せたらいいな。 そんなリレーの通過点、今はフルマラソンで言えば0.195km地点ぐらい。






d0109853_8493289.jpg

はじめてお会いしたときにもらった


前中さん手書きのはがき


譲り受けるかどうかも決まってなかったけど


いま、思いおこせば、このはがきをもらった日が


そうなのかも






この日がいい日

ありがとう
[PR]
by 6210nas | 2011-12-22 12:30 | colissimo
<< color 軌跡 >>


リンクフリーです。
  • *

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧